お部屋

硬膜外麻酔の流れは?

硬膜外麻酔の流れについて説明しているイラスト

硬膜外麻酔は、
陣痛が始まった妊婦さんが痛み止めを欲しいと感じ、
担当医師の許可が得られた時点で準備を開始します。

一応の目安は子宮の出口が数センチメートル開いたタイミング、
もしくは陣痛が生理痛より強くなったタイミングですが、
様々な要因で変動します。

準備として、血圧低下などを防ぐ目的で
事前に点滴で補液を行います。

また、胎児心拍計や陣痛計のほかに
妊婦さん自身にも心電図、血圧計、パルスオキシメーターを付け
常時監視します。

硬膜外麻酔用のカテーテル(管)を入れる際には、
横向きになってネコのように背中を丸めた姿勢を取っていただきます。

痛み止めの注射をしてから、針を刺し、細い管(カテーテル)を挿入し、
針は抜いてしまいます。

管を抜けないように固定すれば処置は完了です。
体に入った管は柔らかいので、体を動かしても大丈夫です。

電子制御された器械で麻酔薬を注入し始めると
30分弱で徐々に麻酔効果が現れ、
陣痛が弱くなった・短くなったと感じる妊婦さんが多いようです。

また、妊婦さん自身がボタンを押して
麻酔薬を必要なタイミングで注入できるようになります。

注入量は器械が制御しているため
痛みに任せて思わずボタンを押し過ぎても、
麻酔薬を注入し過ぎる心配はありません。

一覧に戻る

Reservation

ご予約

診療のご予約はお電話とインターネットから24時間行えます。

 
○お電話からのご予約は自動音声システムの予約専用ダイヤルにおかけください。

045-828-4892

 
○インターネットからのご予約(婦人科、妊婦健診、小児科、麻酔科など)は
 こちらのページまたは下記QRコードからアクセスできます。
詳しい予約の方法の解説ページはこちらから

聖マリアクリニック 予約フォーム QRコード
携帯でご利用の際は new.rosa-cl.comからのメールを受信できるように設定をお願いします。