お部屋

計画分娩の場合の流れは?

自宅が病院から離れているなどの地理的理由や
夜中に移動する可能性もあり心配などの心理的理由だけでなく、
妊婦さんや赤ちゃんに医療的問題がある場合にも、
計画分娩は行われます。

例えば、妊婦さんの高血圧や赤ちゃんが小さいなどの理由で、
医師やスタッフが母児の状況の変化にすぐ対応できるようにするためです。

分娩の予定日は、37週以降の
お腹の張りが頻繁になり子宮の出口が柔らかくなる時期が選ばれ、
予定日より1日前に入院していただきます。

子宮の出口が柔らかくなってきていない場合は、
小さい風船状もしくは柔らかい棒状の医療器具を子宮の出口に入れて
柔化を促します。

点滴の子宮収縮薬を始める前に、
飲み薬の子宮収縮薬が使われることもあります。

予定当日、陣痛を強める子宮収縮薬の点滴を行い、
効果をみながら、少量から始めて、だんだんに増やしていきます。

分娩進行中は
赤ちゃんの心音や子宮収縮の状態をモニタリングする装置を身に付けていただき、
常時監視します。

一覧に戻る

Reservation

ご予約

診療のご予約はお電話とインターネットから24時間行えます。

 
○お電話からのご予約は自動音声システムの予約専用ダイヤルにおかけください。

045-828-4892

 
○インターネットからのご予約(婦人科、妊婦健診、小児科、麻酔科など)は
 こちらのページまたは下記QRコードからアクセスできます。
詳しい予約の方法の解説ページはこちらから

聖マリアクリニック 予約フォーム QRコード
携帯でご利用の際は new.rosa-cl.comからのメールを受信できるように設定をお願いします。