お部屋

硬膜外麻酔はどのようにお産の痛みをとるの?

硬膜外麻酔でお産の痛みをとる方法を説明しているイラスト

お産の進みによって、お産の痛みの場所や程度や種類は変わっていきますが、
痛みの信号は常に脊髄に集まって、脳に伝わります。

硬膜外麻酔は、脊髄に作用して、痛みの信号が脳に伝わるのをブロックする方法です。

脊髄を囲う硬膜と背骨の間に硬膜外腔と呼ばれる狭い場所があり、
太さ1ミリ程度の細くて柔らかいチューブを入れて、麻酔薬を注入します。

血管の中に薬を投与する場合と比べ、鎮痛効果が強く、
胎盤を通って赤ちゃんに影響することがほとんどないため
多くの国や施設で第一選択となっています。

また、硬膜外麻酔は、無痛分娩のときだけでなく、
手術中や術後の痛み止めの目的で日常的に使われている方法です。

一覧に戻る

Reservation

ご予約

診療のご予約はお電話とインターネットから24時間行えます。

 
○お電話からのご予約は自動音声システムの予約専用ダイヤルにおかけください。

045-828-4892

 
○インターネットからのご予約(婦人科、妊婦健診、小児科、麻酔科など)は
 こちらのページまたは下記QRコードからアクセスできます。
詳しい予約の方法の解説ページはこちらから

聖マリアクリニック 予約フォーム QRコード
携帯でご利用の際は new.rosa-cl.comからのメールを受信できるように設定をお願いします。